本田秀行先生が土木学会賞を受賞されました

 当協会の木橋アドバイザーとして長年ご指導いただいております本田秀行先生(金沢工業大学教授)が、「橋梁の動的特性の解明および近代木橋の設計・維持管理手法の構築」により令和元年度土木学会田中賞(業績部門)を受賞されました。

 土木学会田中賞は、関東大震災後の首都の復興に際し、帝都復興院初代橋梁課長として隅田川にかかる永代橋、清洲橋など数々の名橋を生み出された田中豊先生に由来する、橋梁部門で大変権威がある賞です。一般社団法人木橋技術協会は、本田先生の長年の功績に敬意を表しますとともに、木橋を評価いただいたものと考え今後ますます木橋技術の発展に寄与していく所存です。

 表彰者の一覧はこちらです。
 おめでとうございます。